離婚の方法

協議離婚

 

あなたと夫との話し合いで離婚する方法で、

離婚届を役所に提出すればそれで終わりです。

日本の離婚件数の約9割は協議離婚ですが、すぐに別れたいという気持ちだけで、きちんとした取り決めをしないで離婚届を出す方も多いようです。

 

もし、あなたが専業主婦であったとしても、結婚していた間に築きあげた財産は二人のものです。財産分与はしてもらわなければなりませんよね。

 

未成年の子供がいる場合、親権の無い方の親であっても、子供の養育という責任がなくなるわけではありません。

養育費の支払いは子供の権利であり親の義務です。

それなのに8割以上の親が、養育費の支払いという責任を放棄しているという現状があります。

 

公正証書を作成しておけば、夫からの支払いが滞った場合、夫の財産を差し押さえることができます。例えば給与から強制的に天引きすることもできるのです。

 

口約束や単なる約束書のようなものには、強制力はありません。

支払いが長期にわたる場合は、将来、後悔することの無いよう、

公正証書を作成しておきましょう

 

 

調停離婚

 

夫が離婚の話し合いに応じてくれないとき、財産分与や慰謝料・養育費の支払い拒否するときは、家庭裁判所に調停を申し立てることができます。

裁判ではないのであなた一人でもできないことはありません。弁護士費用は調停だけお願いしても、平均で数十万円必要になることがあります。

 

この調停がうまくいかないとき、はじめて裁判を起こすことができます。

お互いの話し合いが決裂しても、すぐに裁判はできないことを覚えておいてくださいね

 

 

審判離婚

 

法律で「当事者双方の申し立ての趣旨に反しない限度で」とされているので非常に難しく、実際にはあまり多くはありません。

 

裁判離婚

 

お互いの話し合いが決裂し、裁判所での調停・審判もうまくいかなかった場合、最終手段が裁判です。

どんな理由でも離婚できるわけではありません。

 

民法という法律で、裁判所に離婚の訴えを起こすことができる場合というのが決まっています。これを法定離婚原因といいますが、この法定離婚原因がない場合は、離婚が認められません。

裁判ですから、離婚問題を専門としている弁護士に、ご相談ください。

 

わたしたちは、調停や裁判であなたの弁護をすることはできません。

それは弁護士の仕事です。

 

わたしは、将来、泥沼の争いにならないように、あなたを全力でサポートします。

 

 

Tel. 0995-62-9977
月~金 午前8:30~午前11:30
※無料電話相談は1回20分 午前中のみの受付となります。
※電話番号非通知の場合は受け付けない設定になっています。お手数ですが解除してください。
※電話が込み合ってつながらない場合もあります。
ごめんなさい。時間を置いておかけ直しください。
PAGETOP