相続 入門編

 

相続は、全ての人に関係のあることなのですが、

あまり関心のない方が多いですよね。

 

いざという時に、大変な思いをしないために、

最低限の知識は身につけておきましょう。

 

今回は、相続の入門編として、誰が財産を相続できるのかをご説明します。

 

 

亡くなって、財産を残した人を『被相続人』と言い、

亡くなった方から財産をもらう人を、『相続人』と言います。

 

 

被相続人に遺言がない場合、誰が相続人で、どんな順序で相続するのか、

民法に定められた、法定相続人は、次の通りです。

 

・配偶者(いつでも相続人)

・子供(第1順位)今のところ、非嫡出子は嫡出子の1/2

・被相続人(亡くなった方)の親(第2順位)

・被相続人の兄弟姉妹(第3順位)

が、法定の相続人となりますが、

これらの全てに相続分があるわけではありません。

配偶者+一番順位の高い血族のみが、相続人となります。

 

 

○ まず、配偶者と子供がいる場合

 

配偶者は1/2の財産を相続し、

子供は、残りの1/2を子供の人数で分けます。

(子供が亡くなって、孫がいる場合、孫が相続します。)

親と兄弟姉妹には、相続分はありません。

 

○ 配偶者はいるが、子供がいない場合で、被相続人の親がいるとき

 

配偶者は2/3の財産を相続し

親は、残りの1/3を相続します。

兄弟姉妹には、相続分はありません。

 

○ 配偶者はいるが、子供も親もいない場合で、被相続人の兄弟姉妹がいるとき

 

配偶者は3/4の財産を相続し

兄弟姉妹は、残りの1/4を相続します。

 

○ 配偶者がいない場合は、一番順位の高い血族のみが、相続人となります。

 

 

有効な遺言書がある場合は、遺言書に従って、相続を行いますが、

遺言書がない場合、相続人の話し合いによって決めなければなりません。

その場合の目安となるのが、上記の法定相続分です。

 

相続は、まず、もめます。

相続は争族だ!とも言われます。

 

争う金額が大きいので、裁判になると、弁護士費用も驚くほど高額です。

 

有効な遺言書は、すべての大人の嗜みだと思います。

 

Tel. 0995-62-9977
月~金 午前8:30~午前11:30
※無料電話相談は1回20分 午前中のみの受付となります。
※電話番号非通知の場合は受け付けない設定になっています。お手数ですが解除してください。
※電話が込み合ってつながらない場合もあります。
ごめんなさい。時間を置いておかけ直しください。
PAGETOP