慰謝料・養育費

慰謝料について

離婚といえば、必ず慰謝料のことが話題になります。
芸能人の離婚で、ものすごい額が支払われたとか、支払われなかったとか、
報道されることもありますよね。

 

ここで、まず、慰謝料という言葉の持つ、2つの意味を押さえてください。
民法には、「故意また過失によって、他人の権利または法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。」と、定められています。

 

離婚の場合に限って説明すると、不倫や暴力(言葉の暴力を含みます。)により被った精神的な損害に対し、その賠償として支払われるのが、1つめの慰謝料です。

 

配偶者だけではなく、不倫相手に対しても請求できます。
(不倫相手が、夫が独身だと信じていた場合等、請求できない場合もあります。)

金額は50万円~400万円までが多いようです。

 

 

2つめは、いわゆる手切れ金です。
離婚したい方が、離婚したくない方に対して、財産分与に上乗せして慰謝料という名目で支払うお金ですね。
離婚をお金で買うのですから、相場のようなものはないとお考えください

 

 

養育費について

何度も書きましたが、養育費は子供の権利です。
子供の将来のために、きちんとしておくことが必要です。

家庭裁判所が参考資料としている養育費算定早見表が、一応の目安とされます。
相場は、月3万円から6万円と言われますが、金額は、状況によって異なります。

 

慰謝料や養育費の金額や支払方法については、離婚する前に、
まず夫婦の話し合いで決めたほうが良いでしょう。
離婚後は、話し合い自体が難しくなります。
取り決めた事項は、必ず離婚協議書にすることが必要です。
また離婚協議書に基づいて、強制執行認諾文付きの公正証書を作成しておくことで、
将来支払いが滞った場合、
直ちに強制執行をすることができるようになります。

 

Tel. 0995-62-9977
月~金 午前8:30~午前11:30
※無料電話相談は1回20分 午前中のみの受付となります。
※電話番号非通知の場合は受け付けない設定になっています。お手数ですが解除してください。
※電話が込み合ってつながらない場合もあります。
ごめんなさい。時間を置いておかけ直しください。
PAGETOP