相続税額の計算 その1

 

 

相続税の計算は、少しややこしいので、いくつかのステップに分けて見ていきます。

 

 

納付する相続税の額は

課税遺産総額×相続税率-税額控除額 で、算出します

 

 

課税遺産総額とは

課税価格(課税される遺産の総額)から基礎控除を引いたものです

 

 

まずは、課税価格を算出してみましょう

 

 

「遺産の総額」

「みなし相続財産」(一部の死亡保険金など)

「相続時精算課税の適用を受ける贈与財産」

「相続開始前3年以内の贈与財産」

 

の合計から

 

「非課税財産」

「葬式費用」

「債務」

 

の合計を引いた額になります

 

 

ここでは、それぞれを詳しく見ていきませんが、

相続税対策のつもりの贈与が、名義預金として課税された

などという話は、よくあることですので、十分な注意が必要です

 

 

● 基礎控除額

 

基礎控除は、現在のところ

5千万円+(1千万円×法定相続人の数)です

 

夫が亡くなり、妻と子供二人が相続人である場合、法定相続人は3人

ですから

 

5千万円+(1千万円×3)=8千万円ですから

上記の課税価格が8千万円以下であれば、相続税を納付する必要はないわけです

 

 

それが、平成27年1月1日より

3千万円+(6百万円×法定相続人の数)に、変更されます

 

夫が亡くなり、妻と子供二人が相続人である場合、法定相続人は3人

ですから

3千万円+(6百万円×3)=4千8百万円 となります

 

 

相続税を納める必要のある方が増えるのは、間違いありません

 

 

Tel. 0995-62-9977
月~金 午前8:30~午前11:30
※無料電話相談は1回20分 午前中のみの受付となります。
※電話番号非通知の場合は受け付けない設定になっています。お手数ですが解除してください。
※電話が込み合ってつながらない場合もあります。
ごめんなさい。時間を置いておかけ直しください。
PAGETOP