相続税の計算方法 その2

 

納付する相続税の額は

課税遺産総額×それぞれの相続税率-税額控除額 で、算出します

 

今回は、相続税率と税額控除を見ていくことにしましょう

 

● 相続税率

 

 

課税標準

税率

控除額

1千万円以下

10%

なし

1千万円超 3千万円以下

15%

50万円

3千万円超 5千万円以下

20%

200万円

5千万円超 1億円以下

30%

700万円

1億円超 3億円以下

40%

1,700万円

3億円超

50%

4,700万円

 

 

 

● 相続税の総額の計算方法

 

課税遺産総額を、法定相続人が法定の割合で相続したと仮定して

それぞれの相続人ごとに税率を乗じて計算し、それを合計します

 

???となるところなので、簡単な例を挙げてみてみますね

 

夫が亡くなり、妻と子供二人(長男・長女)の、計3人が相続人

夫の遺産は、現金がピッタリ3億円だった場合

 

課税遺産総額は

3億円-基礎控除(5千万円+1千万円×3人)=2億2千万円

 

法定相続分は

妻は2分の1で1億1千万円

子供はそれぞれ4分の1ですから

長男、長女ともに5千5百万円

 

上の表にあてはめてみましょう

 

妻  1億1千万円×40%-1,700万円=2,700万円

長男 5千5百万円×30%-700万円=950万円

長女 5千5百万円×30%-700万円=950万円

 

合計で 4千6百万円が、相続税の総額になります

 

 

 

● 各人ごとの相続税額の計算

 

実際に相続した額に応じて、上記の相続税の総額を按分します

 

相続税の総額 × 各人の課税価格 ÷ 課税価格の合計額 = 各相続人の税額

 

 

● 各人の納付税額(または還付税額)の計算

 

各相続人の税額から各種税額控除を差し引いて、納付税額を計算します

 

 

 

最後に

 

相続税の申告書の作成は、公認会計士・税理士の業務であって

行政書士の業務ではありません。

 

申告書の作成はお引き受けできませんので、ご注意ください。

 

 

Tel. 0995-62-9977
月~金 午前8:30~午前11:30
※無料電話相談は1回20分 午前中のみの受付となります。
※電話番号非通知の場合は受け付けない設定になっています。お手数ですが解除してください。
※電話が込み合ってつながらない場合もあります。
ごめんなさい。時間を置いておかけ直しください。
PAGETOP